https://x.com/SoulRevolutio11/status/1722981508355653647?s=20

エネルギー小説 コンテスト #ドリーム燃料 と #エコマネー による革命 原稿の分量は、8万~12万字程度(原稿用紙換算で200~300枚程度)。空白は、文字数にカウントしない 2023年11月1日~2024年5月31日

  アイティ技研(株)の山中さんの#ドリーム燃料は、まず、水の中の不純物、ミネラルなどを逆浸透膜でろ過して、99.9%、超純水(H2O)のみにする。この超純粋に炭酸ガスのバブリングによって、ナノバブルを生成。特殊な光触媒は、酸化チタン、鉄、プラチナ、酸化亜鉛などでできているという。(可能性としては、酸化亜鉛、ニオブ、タルタル、ガリウム、チタン酸ストロンチウムSrTiO 3 は人工光合成用の光触媒材料として期待されている
この光触媒の粉をナノバブル水に投入し、酸素ボンベで少量の酸素ガスを入れながら、UVライト(ブラックライト)を当てることで、水素ガスが発生し、「ラジカル水」が生成される。水素以外の可燃性ガス、酸素ガスなども入っている「ラジカル水」。これがフリーエネルギーの秘訣であり、ここに特許技術があるようだ。そうしてできた「ラジカル水」に炭素と水素でできている種油を混ぜて、その油を増殖させる。「種油が軽油なら人工軽油ができる。種油が灯油なら人工灯油ができる。種油を加えるのは一回目の反応だけで、二回目以降の反応には新しい種油は要らない」と言う。2回目以降は種油にドリーム燃料が使えるから。であるならば、無限増殖のフリーエネルギーの仕組み、量子力学の仕組みがあるようだ。開発者の今中氏は、「この装置は永久機関的だ」と述べる。

この混合液を作った後、次の段階では、二酸化炭素がこのラジカル水と種油の混合液に空気中から自然と吸い込まれて行き、反応が起こるのだそうだ。1日で10%程の油が増殖するとの発表だが、種油は50%ほど投入しているようだ。ガソリン燃料ではなく、軽油か灯油、重油燃料のみという点。ジーゼル車でないと使えない燃料であることを考慮に入れる必要がある。これを燃料にして、電気を起こし、電気自動車に充電するという方法もある。いずれにせよ、安い燃料であるならば、革命を起こすこと間違いなし。
 ところで、ここに税金の問題が浮上。現代市販されている石油の価格には、1Lあたり ガソリンは、53.8円 軽油は32.1円 石油石炭税28円が付加されているそうだ。ちなみに、軽油取引税やこれらは消費者に価格転嫁しているので、事業者の負担ではない。トヨタなど自動車メーカーが開発中の人工燃料は1Lあたり700円のコストとの発表。ここには税金が入っているのだろうか。確実に入っているのは投入した技術開発費用だろう。

今中氏の会社の「ドリーム燃料製造装置」を第三者に月額数十万円でリースし、月産4万3200リットル人工燃料生成を見込んでリースに出した場合、装置の設置工事費用を加えると、人工燃料のコストは「1リットル50円ほど」になるそうだが、そのリース販売を計画していた、サスティナブル○○会社は販売の延期を発表。アイティ技研(株)はリースではなくこの装置の販売を2年前から行っている。価格は、大企業向けのレベルのものが2億円。中小企業向けレベルの大型トラックで運べるサイズのものが1億円。
 現代使われている、燃料を燃やすと、不完全燃焼だから、煤が出る。しかし、種油と水素を反応させた人工燃料は、完全燃焼だから、煤を出さないクリーンな排気ガス。燃焼効率が上がり、燃費は、1.1倍から1.4倍が見込める
。しかし、安定な燃費効率ではない。それは、現代の燃料も同じで、一般消費者は、給油所の燃料は一律のものだと考えているが、石油は自然界から採掘したものであり、業者によって、同じものではないのだ。安いエネルギーをガソリンスタンドに売り込む業者も存在する。エネオスなど大手業者とは、明らかに違う質のものが売り込まれているのだ。
 日本の漁業、農業を救う燃料になること間違いなし。小さな漁業者は、燃料の高騰で廃業に追い込まれて行っている。漁業者さんたちの集まり、漁協や農協がこの燃料製造を採用したならば、新たな雇用の創出につながり、漁業や農業を復興させることができる可能性も高い。


しかし、理想なのは、この技術を地域復興として開放し、地域で増産を行う取り組みに発展させること。この装置をリースして、創った人工燃料を漁協や、農協のガソリンスタンドに供給する事業体が立ち上がることが望ましい。その場合、1L、80円になるかもしれないが、こちらのケースの方が現実的だ。これにより、燃料の安定供給体制(エコシステム)が確立する。「人工燃料製造会社になりたい事業者さん、この指とまれ」で、地域にその恩恵をもたらす取り組み、商工会や漁協、農協を巻き込んでの、街づくりの団体が名乗りを上げて、本格供給体制を作り上げることになったりの多様な展開が望ましいだろう。本山町ではEMの培養は、福祉団体が行い、道の駅で販売。この土壌改良の培養液を地域の農業者が採用し、優れた農産品を作っている。この夢の燃料の製造のレンタルは、コンテナ一つで製造を始められるので、小さな事業体であっても事業化しやすいというメリットがある。官民一体となった脱貧困対策にもなりえるのだ。

 これにより、日本の地域の小さな事業の営みや家庭のエネルギーに革命が起こることだろう。クリーンなエネルギーの普及により、大気汚染が大幅に削減されていく。1億円の機械は燃料価格を考慮すると3年でペイできる計算になるそうだ。地域経済を支えるエネルギー革命として、地域共同体がこの装置を購入して、分配していく仕組みのエコシステムの絵を描いてみる必要がある。

 今中氏の革命的な夢のエネルギーは、地球の隅々の環境を良い波動に替え、空気を浄化し、小さな人々を助けることになるだろう。私は、創造主に祈った。これとコミニティ通貨を組み合わせ、ローカルフード条例と組み合わせて、世界に、「四国村コミニティ通貨イニシアティブ」となって、普及させることを。この社会経済革命は、戦争産業を平和産業へとワールドシフトさせるパワーをも持つ。日本の海洋資源、森林資源の活用の道はまだまだある。ここに、人が関わり、産業を再興させることができる燃料革命が加わったならば、未知なる扉を開くだろう。

 特に、バイオ炭という土壌改良剤の製造と組み合わせると、その排出した二酸化炭素がドリーム燃料の効率を上げることになるだろう。地球は寒冷化に向かっている。南米のテラプレタの土づくりがその問題解決になる。バイオ炭と腐葉土豊富な土づくりをはやく推進しておく必要がある。この場合の光触媒は銅。カテキン鉄もフリーエネルギーの力を持つ。これらのテラスマイルな土づくりは、日本の農業を革命すること間違いなし。世界を変える本物の緑の革命だ。

 さらに、ドリーム燃料製造過程で、無機質な不純物(Fe,Si,Zn,K,Sなど)が誕生するが、これは、土づくりに必要な微量元素であり、フリーエネルギーの循環土を作る土壌改良剤として役立つ。

 このラジカル水による増殖技術を使って、種油を植物油、エタノールなどを使うと、どのようになるのだろう?この試みはすでに、実験済みなのだろうか?欧州は、水素化植物油 (HVO)燃料の実用化に入っており、重油80%とHVO燃料20%という組み合わせも可能で、現場ですでに動いているエネルギーなのだ。水素の発火点は、570度だから、移動中の燃料としても安全性が高い。増産可能である技術が揺るぎないのならば、今すぐ、日本政府が率先して、地域復興のための助成金を出して、普及するべきだ。

 さらに、排出権取引、炭素クレジットと組み合わせることができたならば、ドリーム燃料製造業者には、二酸化炭素を減らした恩恵として、投資家からの見返りも期待できる。1トン1万円―1万5千円。トン単位の規模が必要。
 しかし、日本の炭素クレジット契約は、二酸化炭素を固定している実態の審査などに100万円以上のコストがかかる。森林や農地などの計算式は確立しているので、たやすいが、この新燃料が、どれだけ、環境中から、二炭化酸素の除去を行っているかの立証は、不可能に近い。実質、炭素クレジットは期待できない。

 ドリーム燃料は、日本が世界を変える画期的な新技術なので、これを日本政府が促進しないと、海外に技術が移転されてします。これは、日本人にとっても宝の山なのだ。

 しかし、問題は、安全性。トヨタは、燃料電池に閉じ込めることによって、安全性を確保するという道を選んだようだ。

 お金の本質について、ロシアのプーチン氏は、通貨は交換リングの媒介に過ぎない。お金と富を生む産業は、現物にある。つまり、燃料や資源や労働の価値にこそ、国の富を生む本質があるとの論文を書いている。

 このように、通貨、貨幣デザインを根源から問う「ゲゼル理論」の発想を持つと、世界経済を牛耳っている戦争産業の通貨デザインを平和産業の通貨デザインへとワールドシフトさせる発想が生まれる。私の中で誕生した通貨デザインは、「四国村コミニティ通貨イニシアティブ」。ウェルグルの奇跡が作った労働証明書と言う地域通貨を使っての産業の復興だ。これをローカルフード条例とコミニティ通貨による雇用、全ての地域の人にこの産業への貢献による労働証明書で経済活性させるという発想だ。これは、孤立・孤独対策にもなる人の働きの場を生み出す。働きの場が地域の人にいきわたるように、産業を発展させていくことができるお金の創造、マネークリエイト、通貨発行権を地方自治体が主体となって握るのだ。これにより、地域は国からの供給金に頼らずして、自前の資金源を増殖させることができる。地域で働き手が必要なところに、お金が循環していく。農作業やドリーム燃料の製造過程には、働き手が必要だ。働き手が生み出していく経済価値が、お金と富の本質なのだ。お金について考えるとき、日本政治はこの視点を見失っている。
炭酸ガスと水から石油(n-アルカン)を合成できる石油生産装置を販売しています。
常温常圧で効率的に石油を化学合成、 しかも燃焼後に硫黄酸化物SOXや窒素酸化物NOXが出ません。
生産できる石油は軽油や重油など様々。
それらをドリーム軽油※、ドリーム重油、総称ドリーム燃料と呼んでいます。 炭酸固定による再生エネルギーの製造を可能とした、 地球にも人体にも優しい、まさに脱炭素社会に向けた夢の再生燃料製造装置です。



#ドリーム燃料(50円)と国家政策の #合成燃料(700円)の違いについて。未来を変える燃料革命はどっち?利権を打ち破れ!!
■孤独・孤立支援推進法 成立
■『胎児の日』の制定
■神学と悪魔学
https://fb.watch/ochb33zl7a/

緊急プロジェクト、パブコメ15日締め切り、#SDGs 意見に、日本の技術として、国際競争力のある #ドリーム燃料 を石油関連税をつけないで
エコシステムとして、普及してくださいキャンペーン開始!
ーーー
#ドリーム燃料 人工燃料開発ヒートアップ! 
■11/24見学会は中止! 
トヨタやサントリー製品を運ぶ燃料で実証実験CO2削減年間約26トン
ーー
【削除される前に】今すぐ、ご覧ください。日本が世界を変える夢の技術です!
【燃料高の救世主】日本人が開発成功!リッター14円の人工石油とは!?開発者にインタビュー



募集要項

種目

「エネルギー・環境(エコ)・科学」にかかわる自作未発表の作品
※)ジャンル、フィクション・ノンフィクション、プロ・アマチュアは問わず。ただし、日本語に限る

応募規定

  •  原稿用紙は、Microsoft Wordを使用
  •  原稿の分量は、8万~12万字程度(原稿用紙換算で200~300枚程度)。空白は、文字数にカウントしない
  •  A4判、縦書き、1行30字×40行、文字サイズ12ポイント、明朝体、マス目なし、ノンブル付きで作成
  •  原稿の1枚目に題名、文字数、原稿用紙換算枚数、郵便番号、住所、氏名(本名・ふりがな、あれば筆名・ふりがな)、年齢、性別、生年月日(西暦)、電話番号、電子メールアドレス、略歴(学歴、あれば職歴・筆歴)、本賞をどのように知ったか(例えば、『季刊公募ガイド』、『公募ガイドONLINE』、本ホームページなど)を明記
    ※)個人情報は、適正に管理し、本選考以外の目的で利用しない
  •  作品の冒頭に「梗概(あらすじ)」を800字以上1200字以内で記すこと。必ず結末まで明記

送付先

「エネルギーフォーラム小説賞」指定のメールアドレス(novel@energy-forum.co.jp)あてに応募規定に基づき電子ファイルで送信

応募資格

年齢・性別・職業・国籍は問わない

応募期間

2023年11月1日(水)00:00~2024年5月31日(金)24:00

特典

賞金30万円(複数受賞の場合は分割)、賞状、置き時計を贈呈
受賞作の単行本を弊社にて出版(初版の印税は賞金に含まれる。重版した場合は、印税を別途10%支払う)

発表

2024年9月、受賞者に直接通知

諸権利

入賞作品の著作権は、株式会社エネルギーフォーラムに帰属
(著作権法第27条および第28条の権利も含む)

注意事項

  •  該当作品なき場合は、発表を見合わせることがある
  •  応募原稿は、一切返却しない。必要な場合は控えのコピーを取るか、手元のファイルを保存のこと
  •  他の文学賞等との二重投稿は禁止(失格条件となり得る)
  •  審査・選考過程に関する問い合わせには、一切応じられない
  •  選考結果の通知については、入選作品の発表をもって代える
  •  万が一、応募作品に他作品からの盗用、アイデアの模倣、本人以外の執筆・加筆・修正、年齢・経歴等の虚偽が判明した場合は、選考結果発表後であっても授賞を取り消す
  •  受賞作の出版権、映像化権(原作使用料を除く)、そのほか副次的な商品化権は、株式会社エネルギーフォーラムに帰属する
  •  生成AIを使用した作品での応募は不可(アイデアの部分については使用を問わない)

問い合わせ先

「エネルギーフォーラム小説賞」事務局 電話:03-5565-3500/FAX:03-3545-5715