https://www.facebook.com/profile.php?id=100004930356786
●履歴書

●PUBLIC INTELLIGENCE blog
どんな犠牲を払っても真実はすべての費用を下げる。

#天然循環療法 #修復的医学 #医食農源#stop5G & #stopパンデミック 

夢を叶える魔法の秘訣!◆「アンネの法則」語ること、書くこと、読むこと、聴くこと、ドリームマップを描くこと。を実践する日々から世界を変える道を開いてください。


●新型コロナウイルスのパンデミックに関して、神様(創造主)が私に教えてくれたこと.。





#緊急事態CDC市民 
http://provida0012.livedoor.blog/archives/6185478.html

議会が可能な限りはやく、5Gとコロナウイルスの相関を調査するために調査委員会を立ち上げることが不可欠であると考える。 
http://provida0012.livedoor.blog/archives/6185478.html

ーーーーー
PUBLIC INTELLIGENCEどんな犠牲を払っても真実はすべての費用を下げる
日本
https://t.co/GfTgovDe0g
米国
https://t.co/bX3TEF3DtN
EU
https://t.co/1zkjE2KutC
韓国
https://t.co/zchuOIfT8P



●新型コロナウイルスのパンデミックに関して、神様が私に教えてくれたこと.。

何故、突然、この疫病が発生したのか?

また、どうすればこのパンデミックを収束させることができるのか?

この二点に限定して、自然の摂理に則って、事態を説明する。

①5Gの電磁波ビームが、私たちの共生菌類である、体内のマイクロバイオータ、微生物やウイルスを錯乱しており、普段おとなしい、彼らが居場所をなくして、白血球に乗って、体内を逃げまどっており、敗血症に至る病を引き起こしている。

②同時に、環境中のコロナウイルスのみならず、レトロウイルスなどの当たり前にいる細菌やウイルスたちの存在が、電磁波ビームで狂暴化している。この暴走が、疫病の主原因。

*27,30GHzは、ちょうど、コロナウイルスのアンテナの周波数に合致しており、エネルギーを与えているとの情報が入ってきた。

③環境汚染である張り巡らされた電磁波ビームが、体内の電解代謝に異常をもたらし、カリウム不足を起こしており、この要因によって、微細毛細血管に血栓を起こしている。

④電解代謝異常によって、体内の代謝機構によって、オゾンが発生しており、この殺菌作用物質から、マイクロバイオータたちが逃亡をはかって、体内を錯乱している。

⑤電解代謝異常をもたらす電磁波は、体内の金属、アルミや鉄などの物質に反応を起こして、細胞やマイクロバイオータを殺している。

⑥新型コロナウイルスのパンデミックで起こっている医学的な作用機序https://www.sonysonpo.co.jp/md/i_hch007.html

患者さんはみんな、アルブミン値が低い。アルブミンは主に肝臓で作られるたんぱく質です。一方、グロブリンは肝臓以外にも骨髄などでも作られます。アルブミンの数値が低い場合は肝臓に何らかの異常が起きているか、アルブミンが腎臓や腸管から漏れ出していることを示しています。

⑦2019年9月にロシアの生物兵器研究所で爆発事故が起こっており、この時に、生物兵器が漏れ出ていた。武漢肺炎以前に、ロシア肺炎が発生していた。

⑧同時に、アメリカや中国でも、生物兵器、細菌兵器が何者かの手によって、持ち出され、ばらまかれている。

⑨この出来事は、人類が起こした環境汚染という、人間の仕業、人災であって、今までの、悪行を悔い改めるまで、おさまらない。この疫病は、神様が起こしたことではない。天の摂理を、真理を見失った人間の仕業であり、その因果応報が巡ってきているだけ。

⑩、人口削減計画というビジョンを共有し、悪魔の誘惑に陥って、暗躍している共謀共同正犯の有力者たちがいる。 彼らは、私利私欲から薬害を繰り広げており、その共謀者となる医療業界の人物たちがいる。

彼らは、自分のエゴの潜在意識に操られ、顕在意識では、本物の医学を理解できないまま、人の自然免疫、獲得免疫を殺す医療行為を繰り返している。抗癌剤やピル、子宮頸がんワクチンなどが典型的なこの構造的暴力の所在を示す。

⑪、アビガン、タミフルなどの抗ウイルス薬は、生命を侵害する薬害。手を出してはいけない。
マイクロバイオームの知恵に従えば、BCGワクチン、イベルメクチンには、治療の可能性が感じられる。が、それを必要としない、免疫力をつけておくこと。

⑫、5Gの衛星アンテナを使って、このパンデミックを重症化させるため、悪意を働かせている人物たちがいる。サイバー戦闘員?

⑬、肺炎は、たばこを吸っていたり、環境中の大気汚染地域では感染しやすく、重症化する。なぜなら、上気道の柔毛などの細胞の免疫機能が落ちているからである。

⑭、アフリカや南米では、感染の拡大が見られないように、日本列島の中でも、5Gなどの電磁波汚染環境がひどくない田舎では、パンデミックを恐れる必要はない。
大気汚染もないので、感染拡大はしない。感染爆発もない。
従って、田舎での緊急事態宣言は必要ない。宿毛市は、過剰反応。

⑮、◎ #5G を今すぐストップすること。電磁波環境汚染、大気、水、土壌の環境汚染を改善することが、パンデミックを収束させる唯一の道。

⑯、人類が、感染症と生活不安の集団幻想に陥り、操られている。状況をありのままに見る、真理を見る力を見失っている。
これらは、人々の潜在意識のエゴや恐怖が作り出しているもので、宇宙意識から、自己、他者、共同体の潜在意識を見る力を養わないと、正しい分析能力を持ちえない。

⑰、電磁波汚染と、これらの幻想、不安が自律神経を乱して、感染しやすい、重症化しやすい身体状況を作り出している。超越瞑想、コスミック・アーシング瞑想が道を開く。

⑱、pcr検査の陽性的中率は40-50%で、あてにならない。他のウイルスの残骸の遺伝子を検出している可能性もある。無暗な検査は、抗体検査も含めてやめるべき。無駄使い。発熱などの症状のある人の確定診断には、有効。

ドイツでの抗体検査の結果は、15%の国民がすでに感染して、抗体を獲得している。
つまり、普通のウイルスや細菌同様に感染して、自然治癒している証拠。

⑲、5GやWIFI無線の病院環境では、スーパーバグ、薬剤耐性菌をはびこらせており、あらゆる抗生物質が効かない状況を生み出している。 
病院に入院すると、これらの厄介な薬剤耐性菌に感染して、重症化する感染症の罠に陥る。このウイルス爆発エリアである病院環境からは、身を遠ざけること。病院は、安全な消毒である次亜塩素酸水の揮発で、環境を守るべき。消毒液に選択は、環境汚染度合いを改善する。
善玉と悪玉のバランスが大切。有用微生物群も必要不可欠。

⑳、人類には、マイクロバイオームの知恵を持ち、環境を構成しているすべての要素との共存共栄の道を見つける新しい時代を切り開く時が訪れている。
細菌やウイルスとの共生の関係性を見直すこと。

21、人類は、同類の人間の中に、テロリストを生み出したように、他の生物との関係性においても、テロリストを生み出してしまった。これらの源は、波動エネルギーである。愛の周波数は、これらの状況を変えることができる。環境中の周波数に新世界を開く鍵がある。

22、ミトコンドリアは、マイクロバイオーム。母親と胎児の自己、他者の隔ての壁を乗り越えさせている体内の機構を作りだしたのは、ウイルス感染。ウイルスとの共生なしには、人類の子孫は、生まれ出なかった。

23、発熱は、ウイルスと闘っている自然免疫の働き。解熱剤を使ってはいけない。外側から、冷却を働かせ、安静にして、栄養をとって、熟睡することで、メラトニンが、分泌して、サイトカインストームを抑制することができる。

24、積極的平和の予防医療としては、体温をあげておくこと。細胞分裂を活発化しておくこと。竹塩などの還元力の高いミネラルの塩、海洋深層水のマグネシウム、ウコンの粉、梅のクエン酸、玄米菜食、ハイジの皿(50%は果物、野菜、30%は全粒粉の穀物、イモ類、豆類、20%は良質なたんぱく質の正食で栄養のバランスを確保する)など。

25、朝日サンゲイジング(14時間後にメラトニン分泌)、太陽光を浴びること(ビタミンⅮ合成)、自然界の周波数を浴びること。アーシング、砂浜を歩いたり、芝生を歩いて、地球につながることで、炎症を改善できるなどの波動療法をとりいれること。

26、運動療法。かかし落としドスンで、オステオカルシンが分泌できる。など

27、猫をかわいがったり、生き物を育てたり、政治家や医療者が最善の道を選択できるようにとりなしの祈りを捧げたり、世界平和のために祈りを捧げたりすると、オキシトシンが分泌して、治療効果を高める。

28、ガーデニングによって、微生物に触れると、マイクロバイオームの多様性という獲得免疫が得られる。

従って、自宅療養が、ベストな選択。私は、天然循環療法と修復的医学で、その療養を指導することができます。ご相談ください。
自己責任で、自分の自然免疫と獲得免疫でのみ闘う自宅療養を選択する人のみ。

⭕条件は、私の解説 #緊急事態CDC市民 ビデオのすべてを見た上で、わからないことに、答えるという形式。
ーーーーーーーー
布施先生より、

アメリカやイタリアでは、新型コロナウィルスの死亡が水増しされています。例えば、心臓病の患者がコロナウィルスにかかったとしよう。それで、心臓発作で死んだ場合もコロナウィルスで死んだことにしてしまいます。

また、イタリアでは、コロナウィルスが死因の患者の中で、本当にコロナウィルスで死んだ患者は、たった12%でした。

日本では、毎年インフルエンザで、3000人が亡くなっています。コロナでは、たったの200人です。

政府とマスコミが煽るせいで、世の中の多くの皆さんがコロナウィルスの恐怖の波動と同調しています。

また、それよりも怖いのは経済破綻です。飲食店の個人事業主やフリーランスなどが大変困っています。多くの自殺者が出てからでは、遅いのです。

日本のアマチュア政府は医学的でなく、政治的な判断ばかりをします。メンツしか考えない厚労省、御用学者ではなく、医学的、科学的な感染症の専門家にコロナ対策の指揮を取ってもらいましょう。経済にダメージを与えにくい方針にしてもらいたいです。

ーーーーーー
⭕四国の食材お買い物代行始めました。
お任せで、買い物手数料20%で、三千円、五千円、七千円、一万円から、お選びいただけます。
*◆◆マスクのサービスがつくこともあります。#送料着払い

天然循環療法の食材として、お勧めのもの限定の内容です。
野菜、果物、日用使う食材など。

https://youtu.be/BuwL4O57Tpw

https://youtu.be/mXdvsEbC2rM

⚫保存用食材リスト
https://youtu.be/MvkBHLpMcAY

 #緊急事態CDC市民
⭕玄米や炭を買って、山下由佳さんの平和活動をサポートしていただけませんか?! 
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1510817342425930&id=100004930356786

◆農薬玄米 一万円。(徳島県産)

◆減農薬玄米(消毒1回) 一万三千五百円。(徳島県産)

◆完全無農薬玄米 二万二千円。(高知県産) 

#送料込み 25Kg以内の荷物にしてお届けします。

*おまけで、海洋深層水のにがり、竹塩がつく場合があります。

◆天然循環療法の費用対効果の高い食材 お買い物代行 手数料20% 
お任せ、三千円、五千円、七千円、一万円
#*送料着払い

◆炭 粒炭 1kg 300 円。

300円の粒炭は、農業用のバイオ炭になりますから、室内で使うときには、洗って、天日干ししてからお使いください。石が入っている可能性があります。
また、炭窯では、備長炭だけでなく、雑木の炭も作っており、その最終のカワというランクの物になりますのでご了承ください。
花瓶に水を張って、炭をいれておくと、マイナスイオン発生装置になります。
室内にマイナスイオンが、あると、猫コロナウイルスを不活化することがわかっています。

#送料着払い

◆予約受付。予約後、商品代金を入金、前払いしてくれた人から配送!

◆◆自然農業の農家さんからの直送もお選びいただけます。この場合、農家さん手数料20%、うちの手数料10%になります。◆◆

775-0508 徳島県海部郡海陽町小谷字猪ノ鼻68 
テラスマイル農園 0884-76-3524 costarica0012@gmail.com 山下由佳

週刊金曜日佳作入選!「高知県警白バイ事件ルポルタージュ」
●山下由佳ピースメディアを支えたいとお考えくださる皆様へ  
⚫⭕ゆうちょ銀行 記号16420-3  番号4819461 ヤマシタユカ 献金先は、こちら


◆天然循環療法の食材リスト

・シナモン
・キハツ
・コシヨウなどのスパイス
・黒ゴマ
・ビタミンC製剤
・干し椎茸
・干し大根
・イリコ
・高野豆腐
・魚の粉
・アオサ
・干しエビ
・全粒粉の小麦、米粉
・大麦とハトムギの粉
・お好み焼きのブレンドの粉
・干しブドウ
・ピーナツ皮付き
・小豆、大豆、豆類
・アーモンドなどのナッツ類
・きな粉
・しようが、ゴボウ茶
・和ハーブブレンド茶
・麦茶ハトムギ入りなどのケラセチン配糖体のお茶の類い
・蕎麦
・玄米
・餅麦
・海洋深層水のにがり
・竹塩など(還元力の高い塩)
・青汁の粉
・和ハーブチンキ(ブランデーや、焼酎に漬けておく)
・リンゴ酢、黒酢、醸造のもの
・オリーブオイル、エゴマ油、グレープシード油、米油など
・味噌
・てんさい糖、黒砂糖
・蜂蜜
・みりん、だし醤油
・魚の缶詰
・卵は、一ヶ月は保存可能
・春雨とセットのスープ
・春雨

・梅、梅酢
・ワカメ、昆布、フコイダン

・冷凍、鳥のアラ、魚のアラ(ボーンブロスの材料)


・重曹
・クエン酸
・お茶袋

・炭(花瓶に水を張って、マイナスイオンを揮発させる)

・グラノラ
・お菓子
・干した果物🍒
ーーーー
⭕新型コロナウイルスの治療薬となりうる食品成分
⚫18の抗ウイルス薬、抗SARS薬に選ばれた成分

①ゲニステイン(イソフラボンの一つ)
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%8B%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A4%E3%83%B3

②フェルラ酸

フェルラ酸とジヒドロフェルラ酸は、細胞壁のリグノセルロース中でリグニンと多糖を繋ぎ合わせる役割を担っている[1]。米、小麦、ライ麦、大麦やコーヒー、リンゴ、アーティチョーク、ピーナッツ、オレンジ、パイナップルなどの種子の中にも見られる
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%A9%E9%85%B8

③没食子酸エピガロカテキン(もっしょくしさんエピガロカテキン、Epigallocatechin gallate、EGCG)
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%A1%E9%A3%9F%E5%AD%90%E9%85%B8%E3%82%A8%E3%83%94%E3%82%AC%E3%83%AD%E3%82%AB%E3%83%86%E3%82%AD%E3%83%B3
緑茶

④ジアゼイン(大豆)

⑤クルクミン(ウコン)

⑥β-グルカン(キノコ)

⑦アピゲニン(パセリ、セロリ)
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%94%E3%82%B2%E3%83%8B%E3%83%B3

⑧アリシン(タマネギやニンニク)
アリシンの殺菌効果は強力なため、ニンニクやタマネギなどを生で摂取したり、過剰摂取すると、胃腸内に存在する腸内細菌類をも殺してしまい、胃腸障害を引き起こす危険性がある。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%B3

⑨アリイン(にんにく)
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%A4%E3%83%B3

⑩ジンゲロール(しようが)
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB

⑪グルコサミン(蟹、海老)

⑫α-リポ酸
https://www.sapurinojikan.com/component/alpha_lipoic/

⑬ミリセチン(クルミ、ブドウ、ベリー類)

⑭フィコシアノビリン(すなわち、シアノバクテリアや紅藻、灰色藻、およびいくつかのクリプト藻の葉緑体に存在するテトラピロール発色団)
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B3%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%83%93%E3%83%AA%E3%83%B3

⑮ピペリン(黒コショウ)

⑯ケラセチン(たまねぎ、そば、りんご)

⑰レスベラトロール(ぶどう、赤ワイン)

⑱スルファラファン(ブロッコリー)

⭕インドのエラ大学という医学系大学の研究者たちによる、
「COVID-19の治療薬としての食物分子の同定」

・Identification of Dietary Molecules as Therapeutic Agents to
Combat COVID-19 Using Molecular Docking Studies
https://www.researchsquare.com/article/rs-19560/v1
新型コロナウイルスに有効な成分(効果の高い順)
━━━━━━━━━━━
1. エピガロカテキンガレート (緑茶)
2. クルクミン (ウコン)
3. アピゲニン (パセリ、セロリ、グァバ)
4. ベータグルカン (きのこ類、最も多いのは、ハナビラタケ)
5. ミリセチン (クルミ、ブドウ、ベリー類)
6. ケルセチン (たまねぎ、そば、りんご)
7. ピペリン (黒コショウ)
8. ゲニステイン (大豆)
9. ジアゼイン (大豆)
10. フェルラ酸 (コメ、大麦、小麦)
11. アリイン (ニンニク)
12. リポ酸 (牛・豚のレバー、腎臓、心臓)
13. レスベラトロール (ぶどう、赤ワイン)
14. グルコサミン (カニ、エビ)
15. ジンゲロール (生姜)
16. スルフォラフリン (ブロッコリー)
17. アリシン (ニンニク、玉ネギ)




#緊急事態CDC市民 議会が可能な限りはやく、5Gとコロナウイルスの相関を調査するために調査委員会を立ち上げることが不可欠であると考える。

 #緊急事態CDC市民 152





コロナウイルス陽性を示した人々の3分の2は、嗅覚を失っていた

嗅覚の喪失は旧ソ連で無線病と呼ばれた病気の古典的兆候


https://youtu.be/BUHIzulwFpI

議会が可能な限りはやく、5Gとコロナウイルスの相関を調査するために調査委員会を立ち上げることが不可欠であると考える。

PUBLIC INTELLIGENCEどんな犠牲を払っても真実はすべての費用を下げる
日本
https://t.co/GfTgovDe0g
米国
https://t.co/bX3TEF3DtN
EU
https://t.co/1zkjE2KutC
韓国
https://t.co/zchuOIfT8P

ーーーーー
https://ameblo.jp/kotsubudesukedo/entry-12547379059.html

<10の大罪>
①成長中の細胞への有害作用
②ガン細胞の成長を促進する。
③発ガン作用がある。
④胎児に先天性異常を起こす。
⑤神経化学物質を変化させる。
⑥自殺などの行動異常を招く。
⑦生理的リズムを狂わせる
⑧ストレス反応を引き起こす。
⑨免疫機能を弱らせる。
⑩学習能力を低下させる。

これが「10の大罪」です。

ーーーーー

2020/3/25の数日前に、ジュゼッペコンテ首相の作家、経済学者、経済顧問であるグンターパウリは、#5Gが#Covid-19の広がりに関連している可能性があることを明かす英語でツイートを開始しました。
https://youtu.be/-Va3kwayl3g

パウリを書いています。 5Gでカバーされた世界で最初の都市は何でしたか? #Wuhan!そして、5Gの最初のヨーロッパ地域は何ですか?イタリア北部。

多くの研究によると、無線放射は人間の免疫系に悪影響を及ぼします。

したがって、後者は、自然が提供するように、ウイルスおよび細菌への曝露に効果的に対抗することができません。

したがって、#Stop5G National Allianceは、イタリア議会が可能な限り早く5Gとコロナウイルスの相関を調査するために調査委員会を立ち上げることが不可欠であると考えています。

そして彼は、予防原則の適用において、緊急段階で、公衆衛生を犠牲にして私的利益を停止する試みとして、5Gで国家モラトリアムを経験していることを挿入するよう求めます。

マウリツィオ・マルトゥッチが述べていることが証明された仮説である場合、地球上の生命自体が危険にさらされ、そのような危険の人間の足跡は完全に明らかになるでしょう。

Covid-19の戦略を含む、これまでに進行中のパンデミックと戦うために採用されたすべての戦略が根本的に見直されなければならないのと同じです。

そのため、他の人もいますが、そのたびに深刻で劇的なものになります。

●ジュゼッペ・コンテ
https://ja.wikipedia.org/wiki/ジュゼッペ・コンテ
ーーーー
東京都から田舎へ感染拡大をもたらした責任は?
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6357417
ついに東京都内の感染者が200人越え。しかも従来と同じ、週末になると人数が増えるパターンが繰り返されている。

たしか総理は緊急事態宣言を出した今月7日「2週間後にピークアウトを目指す」と言ったはず。
ーーーーー

首相も知事も鼻声。インフルエンザ様
ーーーー
https://www.ehs-mcs-jp.com/

2020年1月24日)5Gは危険だ集会 14時参議院議員会館 #No_#5G_RT_@tiniasobu
2020/01/23
http://ankei.jp/yuji/?n=2397


<拡散希望/転送・転載歓迎>  文面は添付した印刷用のチラシと同じです。 参加申込み期限は過ぎていますが、ネットからの署名ができます。

5G廃止の要請文提出と参議院議員会館 院内集会のお知らせ

 2020年春から日本でも第5世代移動通信(5G)が始まります。5Gは今まで通信に利用されてこなかった、エネルギーの強いミリ波や、フェーズドアレーという技術を利用しますが、その安全性はまだ立証されていません。5Gが開始されれば、皮膚ガンや失明、流産、発達障害などの増加、バクテリアや昆虫、動植物を含む生態系全体へのダメージが起きると指摘されています。

 さらに、5G通信用人工衛星から照射される電波が、地球のシューマン共振に作用する可能性もあり、アメリカの研究者アーサー・ファーステンバーグ氏は、5Gの停止を求める「国際アピール:地上と宇宙での5G廃止に向けて( http://5gspaceappeal.org/the-appeal
)を発表しました。この文書は30か国語に翻訳され、世界中の科学者や技術者、医師、医療関係者、獣医、養蜂家、研究者、市民団体、市民などから19万100筆の署名を集めました。

 このアピール文は、国連(UN)、世界保健機関(WHO)、欧州連合(EU)、欧州評議会(EC)と各国政府に提出される予定で、1月25日には世界20か国以上で、5Gの停止を求めるアクションが行われます。同日、ファーステンバーグ氏は国連でアピールを読み上げ、ベルギーのブリュッセル市では、国際会議が開催されます。

 日本では、私たちが1月24日午後、参議院議員会館で院内集会を行い、総務省、環境省、厚生労働省との意見交換を行い、アピール文を提出します。

 ご希望の方は、1月21日(火)までに、加藤やすこさん voc-emf◎mbn.nifty.com (◎を@にして送信)へご連絡ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日時:2020年1月24日(金)午後2時 参議院会館1Fロビー集合

   *化学物質過敏症や電磁波過敏症の人も参加するので、香料、整髪料、柔軟剤等は控え、携帯電話は電源オフか機内モードにしてください。

 場所:参議院議員会館 東京都千代田区永田町2丁目1-1 (東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線 永田町駅 1番出口すぐ)

 連絡先:加藤やすこ voc-emf◎mbn.nifty.com

主催:いのち環境ネットワーク 加藤やすこ 翻訳家 Tony Boys 、翻訳家 Pat Ormsby

協力:ガウスネット

以上引用は 安渓遊地@生物文化多様性研究所

以下のリンクから直接署名もできます。204ヵ国から署名があつまっていますが、まだ20万に達していません。

https://www.5gspaceappeal.org/the-appeal/

多言語で翻訳されています。以下は日本語のサイト
 https://static1.squarespace.com/static/5b8dbc1b7c9327d89d9428a4/t/5dbf6ff58fc82a626b9c735a/1572827132109/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E3%82%A2%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%AB%EF%BC%9A%E5%9C%B0%E4%B8%8A%E3%81%A8%E5%AE%87%E5%AE%99%E3%81%A7%E3%81%AE+5G+%E5%BB%83%E6%AD%A2%E3%81%AB%E5%90%91%E3%81%91%E3%81%A6.pdf
ーーーーー
⭕コロナと5Gの関係を指摘する論考 日・伊の感染状況の差を説明?
http://blog.livedoor.jp/donnjinngannbohnn/archives/2029233.html?fbclid=IwAR0P4tlg0NbiCGfeuLgTLA-PYwXEyEblyAbUnw4zELBVHu7tE4Q2S3Zw51c



このページのトップヘ

見出し画像
×