https://www.youtube.com/channel/UCIp4w2ulWaUyhuk9tgP2dCw?view_as=subscriber

https://www.facebook.com/profile.php?id=100004930356786
●履歴書
https://www.wantedly.com/users/18013088?fbclid=IwAR1ZJku-C_SxjZqrrnrkQVguQh_HbfUdL2D5XpwN1wn6OH9NNGejK1jHTfU

●PUBLIC INTELLIGENCE blog
どんな犠牲を払っても真実はすべての費用を下げる。

#天然循環療法 #修復的医学 #医食農源#stop5G & #stopパンデミック 
夢を叶える魔法の秘訣!◆「アンネの法則」語ること、書くこと、読むこと、聴くこと、ドリームマップを描くこと。を実践する日々から世界を変える道を開いてください。


■インド「電子観光ビザ e-VISA」



 

◆「電子観光ビザ e-VISA」
ア 申請手続き(インド内務省ホームページ):
https://indianvisaonline.gov.in/visa/tvoa.html 
イ 申請期限:インド入国の4日以上前に申請が必要(例:1月5日入国の場合、1月1日またはそれ以前の申請)。
ウ 査証の期間:入国日から数えて滞在期間60日(付与される滞在期間内で1回の再入国が可能。期限の延長は不可)。暦年で2回の申請が可能。
エ 手数料:60米ドル(通貨交換手数料は除く)。ホームページ上でクレジットカードまたはデビットカードによる決済。1度支払った手数料の返還は不可。
オ 入国の目的:観光(友人・親族訪問を含む)、短期商用、短期病気治療に限る。
カ パスポート要件:最低6か月のパスポート残存有効期限があること。
キ 航空券:帰国用または他の旅行目的国への航空券を所持していること。
ク 査証の適用範囲:一般旅券所持者に限る。外交または公用旅券所持者には適用されない。
ケ e-Visaを取得して入国することが可能なインド国内の国際空港は、デリー、ムンバイ、チェンナイ、コルカタ、ハイデラバード、ベンガルール、ティルバナンタプラム、コチ、ゴア等の24空港です(詳細は上記インド内務省ホームページを参照ください)。
https://indianvisaonline.gov.in/visa/index.html

■ゴールドマン・サックスがBRICs連合を作った張本人。プーチンはDSからの許可を受けて、ウクライナ戦争を始めた。





テーマ:顧客|イノベーション2001年、ゴールドマン・サックスのグローバル投資調査部門は、世界経済を再構築する4カ国(ブラジル、ロシア、インド、中国)の頭文字をとったレポート「Build Better Global Economic BRICs」を発表した。

2000年から2009年にかけて、新興国経済の成長ペースは初めて先進国のそれを上回った。2001年のゴールドマン・サックスの経済調査報告書では、今後の世界経済の成長を牽引する重要な市場として、特に急成長する4つの新興国を取り上げた。ブラジル、ロシア、インド、中国である。この「Building Better Global Economic BRICs」によって、新しい用語が投資用語として使われるようになった

この論文は、当時世界経済研究所の所長であったジム・オニールが執筆したもので、今後10年間にBRICs、特に中国のGDPに占める割合が大幅に増加し、4カ国の財政・金融政策が世界経済に与えるインパクトも大きくなると予測した。このような見通しから、G7にBRICsの代表を加えて調整すべきであると主張した。

ゴールドマン・サックスはその後もBRICsに焦点を当てた研究を続け、2003年には "Dreaming with BRICs:この論文では、BRICs諸国が2039年までに欧米の経済大国を追い抜くと仮定している。この論文は、2039年までにBRICs諸国が欧米の経済大国を追い抜くというもので、BRICsという呼称は金融・経済界で広く採用された。2000年から2009年までのインドの経済成長率は年平均6.89%であり、中国は年平均10.35%で急成長している。

2000年半ばには、BRICsをテーマにした投資信託やETF、インデックスが数多く作られ、この独特の新興国経済グループを追跡するようになった。2009年にロシアのエカテリンブルクで開催された第1回BRICsサミットでは、BRICs諸国の首脳が集まり、政策課題や共通の課題について議論した。翌年には、南アフリカの参加を決議し、BRICSの頭文字を確固たるものにしました。2014年、ブラジルのフォルタレザで開催された第6回BRICSサミットで署名された合意により、BRICS開発銀行が設立されました。
新開発銀行(NDB)と改称され、上海に本部を置くようになってからは、BRICSをはじめとする新興市場国や途上国のインフラや持続可能な開発プロジェクトに資源を動員することを目的とした機関となっています。

ゴールドマン・サックスは、次の世界的な成長大国となる可能性のある新興国群にリサーチ・スポットライトを当てることで、投資家と企業の双方が、変化する世界経済のパワー・ダイナミックに基づいて思考と意思決定を行うことを支援しました。さらに、「BRICs」というコンセプトは、農業、貿易、環境政策から国家安全保障、国際金融に至るまで、多様な国々の政策立案者間の協力と協調のきっかけを作りました。


2001 年、ゴールドマン・サックスのグローバル投資調査部門は、世界経済を再構築するブラジル、ロシア、インド、中国の 4 か国の頭字語である「 
Build Better Global Economy BRICs 」というレポートを発表しました。

ゴールドマン・サックスはその後、BRICs諸国が2039年までに西側最大の経済大国を追い越す可能性があると主張した2003年の論文「 BRICsとの夢:2050年への道」など、BRICs指向の他の研究を続けた。

10 年代の半ばまでに、この独特の新興経済国のグループを追跡するために、BRICs をテーマとした多数の投資信託、ETF (上場投資信託)、およびインデックスが作成されました。第 1 回年次 BRIC サミットは 2009 年にロシアのエカテリンブルグで開催され、BRIC 諸国の指導者が集まり、政策問題や共通の課題について話し合いました。翌年、同グループは南アフリカの参加を招待することを決議し、頭字語「BRICS」を確固たるものとした。

2014年、ブラジルのフォルタレザで開催された第6回BRICS年次サミット中に署名された協定に基づき、BRICS開発銀行が設立されました。新開発銀行 (NDB) に改名され、上海に本部を置くことになって以来、この機関の目標は、BRICS やその他の新興市場国および発展途上国のインフラストラクチャーと持続可能な開発プロジェクトにリソースを動員することです。

ゴールドマン・サックスは、次の世界の成長大国となる準備ができている新興経済国の選ばれたグループに研究のスポットライトを当てることで、投資家と企業の両方が世界の経済力の変化に基づいて考え方や意思決定を組み立てられるよう支援しました。それを超えて、「BRICs」概念は、農業、貿易、環境政策から国家安全保障、国際金融に至るまで、さまざまな問題に関して、これらの多様な国々の政策立案者間の協力と連携を引き起こしました。


興味深いことに、オニール氏は数日前、BRICS諸国の拡大推進を批判していると引用されていた。同記事は、オニール氏が2013年にMINT(メキシコ、インドネシア、ナイジェリア、トルコ)の頭字語を作ったと指摘している。

BRICS諸国の共通通貨についての考えを問われたオニール氏は、次のように答えた。それを達成するには独立した中央銀行が必要です。インドと中国が独立した中央銀行、さらには共同中央銀行に同意するなどあり得ない。」

グローバルシステムにおいて、ゴールドマンサックスの元チーフエコノミストは、BRICSが世界的な影響力を持つことはないと考えている:「グローバルシステムを真に代表的なものにしたいのであれば、私の意見では、G20は最も正当なものに近い」私たちが持っているものは、すでにGDPの80パーセント、世界人口の半分を占めているからです…BRICSグループが世界的な影響力を持つ可能性は低いと思います。地球規模の問題を真に解決したいのであれば、重要な国と最も重要な新興国を同行させる必要がある」と彼は語った。

続きを読む:オニール氏: BRICS 諸国の拡大は論理的ではなく、残念だ、この日、2023 年 9 月 20 日

大英帝国やアメリカ帝国などの多くの帝国には、同じ権力ブローカーが彼らの上に立っている、とサムは語った。「ローマは決して滅びない。場所を移動して地下に行くだけです。」彼は、権力仲介者はロンドン市、バチカン市国、ワシントン DC の3 つの都市国家であるという理論に取り組んでいます。

「したがって、私たちが[BRICSとともに]見ているのは、実際には移動の過程である可能性があると思います。そしてそれは有機的な変化のように見え、すべての構造が破壊されるように見えますが、実際には、脱グローバル化と他国への移行が課題の一部であるというのが私の持論です。」

「多くの人がメディア報道や代替メディアの観点から、これらの[BRICS]諸国で起こっていることを擁護していますが、現地の意識のある人々から私が聞いているのはそうではありません。」

参考文献:

注目の画像: ゴールドマン・サックスの元チーフエコノミスト、ジム・オニールは、2001年にBRICs (ブラジル、ロシア、インド、中国)の頭字語を作り、2010年に南アフリカがBRICSとなったグループへの加盟を認められた(左下) 。出典:この日

https://x.com/RusEmbassyJ/status/1719531757811474632?s=20

■グレイトリセットを実行するロス家をビックブラザーとする金融支配者たち(ゴールドマン・サックスはその僕)が世界の戦争産業を動かしている。










ハマス襲撃をイスラエルは知っていた?不可解な謎と戦争の黒幕【パレスチナ情勢】
https://youtu.be/VPDE0siSkZs?si=vHNmHQaLTUQJfG16
DSは両陣営に資金を流している。
戦争によって、人口削減計画を実行し
グレイトリセットを実現するために
この野心こそ、悪魔の戦略
https:// イスラエル、ハマス戦争の主犯は、グレイトリセット勢力。情報を支配して、ハマスの残虐さ、イスラエルの残虐さを垂れ流し、お茶の間の興奮を呼び起こし、反応を楽しんでいる。





このページのトップヘ

見出し画像
×